スポンサーリンク

雪山の急斜面を登る親子のクマの映像が、
ネットで話題になっているので紹介します。

ロシア人が撮影したこの動画は、
世界中に拡散されました。

一早くマガダン地帯の山を登った母熊は、
頂上で、小熊を見守ります。

小熊は何度も失敗、急斜面を滑り落ちます。
でも、くじけずに何度も挑戦します。

その姿に世界中の人が心打たれました。

それでは、ご覧ください。

雪山の急斜面を登る親子のクマの映像

多くの人は、この動画に感動しました。
でも、一部の人はある場面の母熊の行動を見て、
批判をしています。

ドローンを警戒して小熊を遠ざけた?

問題の場面は、1:15ぐらいからの母熊の行動です。

わたしは、初めてこの場面を見たとき、
なぜ、母熊は小熊を突き落としたのか
わかりませんでした。

・助けようとして足が滑った?

・ライオンのようにあえて崖から突き落とした?

色々な関連サイトを見ていると、
この場面に大きな批判をしている
サイトがありました。

その内容は、「ドローン」の撮影です。

確かに、この場面では、
画像がアップされました。

おそらく、母熊のもとに小熊が到達する
感動の場面をアップで撮影したかったのでしょう。

そして、
母熊は何度かドローンを見ています。

もしかしたら、
母熊は近づいてきたドローンを警戒して
あえて、子熊を遠ざけたのかもしれません。

それを裏付けるように、
その後、最後に小熊が到達したときは
アップの画像はありませんでした。

ドローンはこのように今までは撮影が難しかった
感動的な場面を撮影することができます。

でも、簡単に踏み込んではならないエリアまで
踏み込めることができます。

もし、この母熊の行動がドローンの
影響だったら...

そう考えると、ドローンの使用に関して
いろいろと考えることがありそうですね。
 


 

何はともあれ、
この小熊のあきらめず頑張る映像は、
多くの人に勇気を与えたことだと思います。

とても感動しました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事