スポンサーリンク
Sponsored Links

ある投稿者がツイートした
謙虚さがなくなる14の兆候』が
ネットで話題になっているので紹介します。

まずは、そのツイートをご覧ください。

謙虚さがなくなる14の兆候

・時間に遅れだす

・約束を自分のほうから破りだす

・挨拶が雑になりだす

・他人の批判や会社の批判をしだす

・すぐに怒りだす(=寛容さがなくなる)

・他人の話を上調子(うわちょうし)で聞きだす

・仕事に自信が出てきて、勉強をしなくなる

・ものごとの対応が緩慢になる

・理論派になりだす(=屁理屈を言う)

・打算的になりだす(=損得勘定がしみつく)

・自分が偉く思えて、他人が馬鹿に見えてくる

・目下の人に対して、ぞんざいになる

・言い訳が多くなる

・「ありがとう」という言葉が少なくなる(=感謝の気持ちがなくなる)

この『謙虚さがなくなる14の兆候』は、
池田繁美さんの著書:『素心のすすめ』
に書かれているものです。

わたしは、この内容を読んで
ドキッとしました。

特に、マレーシアに引っ越してきて、
「時間に遅れだす」ようになりました。

「挨拶が雑」、「言い訳が多い」と
注意されたこともあります。

「ありがとう」という言葉は意図的に
発するように気を付けていますが、

本当に感謝しているか伝わらない!
と、注意をされたこともあります。

謙虚に生きたいと思っていても、
行動が伴っていないこともあります。

この本には、このように書かれています。

「人は誰でも、最初は謙虚です。

 その謙虚さこそが、人間を成長させる
 原動力だと言えるでしょう。」

この『謙虚さがなくなる14の兆候』を
定期的に見るようにしたいと思いました。

Sponsored Links

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事