スポンサーリンク

クアラルンプールで現地の移動は
Grabを使います。

Grabは、出発地と目的地をセットすれば、
金額が決まり、近くの契約している車が
迎えに来てくれるアプリです。

海外特有のタクシーのぼったくりや、
面倒な価格交渉の必要を省くことが
できとても便利です。

クレカも事前に登録できるので、
現地通貨を使う必要はありません。

法人カードを登録すれば経費精算も
簡単です。

市内から空港まで65RM=約1700円
です。
※実際は高速道路に乗るので70RM
ぐらいになりますが、タクシーなら
100RMぐらいかかるので格安です。

最近、サイトでバンコクや台北で
政府の規制が入り、Grabが使えないという
情報を見ました。

でも、台北でもバンコクでも、
問題なく使えました。

香港でも使えました。

【Grabの3つのメリット】
・現地通貨を使わなくていい。
・ぼったくられない。
・基本的にタクシーより安い。

本当に便利なんで海外に行ったら一度は
試してみてください。

海外に行くならポケットWiFiが必須

そのために必要なのがネットの環境です。
海外旅行でネットが使えないことほど
不便で不安なことはありません。

Grabを使うにも、
もちろんネットが必要です。

海外の方との会話に困ったら、
すぐにGoogle翻訳か、SayHiという
アプリを使います。

SayHiは、スマホに話しかけて
言葉を他の言語に変えてくれる
アプリです。

日本との連絡は、Line電話か、
Messengerの電話を使います。

もちろん無料です。

国際電話は高いですからね。

このように海外では、
ネットはとても重要です。

KLに遊びに来てくれる方で
何度も来る方には現地のSIMを
おススメしています。

圧倒的に安いです。

でも、初めて来る方や、
海外旅行に慣れていない方には
ポケットWiFiをおススメしています。

KLだけに来る方には、
イモトのWiFiをおススメしています。

   
下のバナーをクリックすると
公式サイトに飛びます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

上のサイトで予約して、行きの空港で
受け取って、帰りの空港で返却します。

指定した国で電源を付けて、
スマホの設定からWiFiを選んで
機種に書かれたパスワードを
入力すればネットが使えます。

なんと、同時に5人まで接続できます。
調子に乗ってゲームをしてたら
容量がなくなるので注意です。

冗談のような本当の話ですが、
この前、おススメした人が
飛行機の中で電源を入れて使えなかった
と文句を言われました。

ポケットWiFiはあくまでも
指定した国でしか使えません。

最近、一緒に旅行に行った友人が
使っていて便利だったのが、jetfiです。

  
下のバナーをクリックすると
公式サイトに飛びます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

jetfiの特徴は複数国を利用したとき
の追加料金がかからないこと。

1台で世界100カ国以上利用可能
を売りにしています。

「イモトのWiFi」と「jetfi」の比較

それでは、日本人の旅行で人気の
「タイ」と「シンガポール」で
この2つを比較してみましょう。

1,イモトのWiFi
(料金)
4Gで1日レンタルプラン(500MB/日)

タイ・・・1280円/日
シンガポール・・・1580円/日

2カ国以上を旅する場合
アジア周遊プラン・・・1380円/日(3G)

(受け取り可能な空港)
新千歳空港(8:00~19:30)
成田国際空港 第1北ウイング(7:30~21:00)
成田国際空港 第1南ウイング(7:00~21:00)
成田国際空港 第2(7:00~21:00)
羽田空港(4:00~26:00)
中部国際空港セントレア(7:00~22:00)
関西国際空港 第1(7:00~22:00)
関西国際空港 第2(6:00~21:30)
関西国際空港 関西空港駅(7:00~22:00)
福岡空港(7:30~21:30)

※WEBクレジットカード決済の場合、
返却は24時間返却BOXで可能
※受渡手数料:500円/台(+税)
※現地カウンターでの申し込み、返却可能。

(宅配の場合)
受渡手数料:500円/台(+税)
返却送料:1000円/台(+税)(着払いの場合)
申込期限:出発2日前の16時まで
返却期限:帰国の翌日までに発送手続き

2,jetfi
アジア周遊プラン・・・980円/日(4G)

(受け取り可能な空港)
成田国際空港 第1(6:30~最終便)
成田国際空港 第2(6:30~最終便)
羽田空港(24時間)
関西国際空港(6:30~22:30)

※返却パック:650円/台(+税)
※現地カウンターでの申し込み、返却はできない。

(宅配の場合)
受取手数料:1250円/台(+税)
申込期限:場所によって異なる → クリック
返却期限:帰国の翌日までに発送手続き

【料金比較その1】
2泊3日のタイの旅

(宅配の場合)
イモトのWiFi
レンタル料:1280円×3日=3750円
受渡手数料:550円
返却送料(着払い):1100円
合計:5400円

jetfi
レンタル料:980円×3日=2940円
宅配便受取:630円
返却パック:715円
合計:4285円

(空港受け取りの場合)
イモトのWiFi
レンタル料:1280円×3日=3750円
受渡手数料:550円
合計:4300円

jetfi
レンタル料:980円×3日=2940円
返却パック:715円
合計:3655円
※返却時は郵送

【料金比較その2】
2泊3日のタイ・シンガポールの旅
(アジア周遊プランを利用)

(宅配の場合)
イモトのWiFi
レンタル料:1380円×3日=4140円
受渡手数料:550円
返却送料(着払い):1100円
合計:5790円(3Gのみ)

jetfi
レンタル料:980円×3日=2940円
宅配便受取:630円
返却パック:715円
合計:4285円

(空港受け取りの場合)
イモトのWiFi
レンタル料:1380円×3日=4140円
受渡手数料:550円
合計:4690円

jetfi
レンタル料:980円×3日=2940円
返却パック:715円
合計:3655円
※返却時は郵送

まとめ

多くの空港で受け取り・返却ができる
利便性では、イモトのWiFi

価格のことを考えれば、jetfiですね。

また、2カ国以上を周遊するときは、
イモトのWiFiは3Gでの設定になるので
かなり不便。

jetfiの方が安くて4Gを使えるので便利です。

以上が、
イモトのWiFi」と「jetfi」の比較です。

※2つの公式ホームページを参照して
比較しました。

もし、間違いがあれば指摘ください。

福岡空港でイモトのWiFiを借りてみた

友人が福岡空港でイモトのWiFi
をレンタルしたときの様子です。

事前に下のサイトで申し込みを、
済ませていたので割引価格で簡単にGET!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

これで、旅行先でも快適ネット環境が
手に入ります。

国によっては、そこそこのホテルでも
ネット環境はそんなに良くない場合があります。

ネット環境の確保は大事ですね!!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事