スポンサーリンク
Sponsored Links

2018年8月にクアラルンプールにある
OASIS international scool
(以下 オアシス)に学校見学に行ったので
レビューします。

我が家には8歳の娘がいて、
2019年の8月から親子で移住を考えています。

彼女の夢は、
『フロリダのディズニーのダンサー』
になる。

これ、まじめです・・・。

マレーシア移住の目的の一つは、
その夢を叶えるため語学力を身に着けさせる
ことです。

娘も、英語とダンスは夢のために
がんばっています。

親としては全力で応援したいと思います。

2018年8月にいくつかの、
インターナショナルスクール
(以下インター校)を見学しました。

クアラルンプールにはたくさんの
インター校があります。

わたしたちは、事前に現地の方に
評判の良いインター校を聞いて調査。

インターネットで調べて、
年間費100万円前後のインター校を
ピックアップしました。

今回、学校見学に行ったインター校が
こちらです。

・GEMS International School
・Kingsgate International School
・Peninsula International School
・OASIS International School
・Cempaka International School
・Taylor’s puchon International School
・Park City International School
・Australian International School

その中でも、娘と奥さんが
白羽の矢が立ったのが、
オアシスです。

OASIS international scoolとは

米国式インター校チェーン「オアシス」が
開設した最初のマレーシア校です。

オアシス」は30年に渡り世界15ヵ国で
米国式インターナショナルスクールを
運営する

OASIS International Schoolネットワーク
がマレーシアで初めて設立したインター校です。

12年間の米国式カリキュラムを提供します。

教師はほぼ全員が米国の教師免許をもった
米国人です。

キャンパス場所は、バンダーリンバユとう
相当な郊外になりますが、
米国式の学校としては学費が割安。

将来的に米国大学を目指す子どもの
有力な選択肢となると思います。

  

学校名: OASIS International Schoolオアシス インターナショナルスクール)
設立年度: 2018年
総生徒数: 100名程度
カリキュラム: 米国式
学期開始: 8月と1月
学部構成: プレスクール、エレメンタリー(G1-5)、ミドル&ハイ(G6-12)=米国式
学校HP: 学校HP(クリック
キャンパスの場所: バンダーリンバユ

オアシスを学校見学した感想

はじめに出迎えてくれたのは、
なんと校長先生。

とっても気さくで話しやすい
素敵な先生でした。

校長先生のお子さんもオアシスに
通っているそうです。

オアシスは名古屋にも系列校が
あるそうです。

教室の飾りに和的な要素があったり、
食堂は、名古屋の会社が運営する
そうです。

広いグランドと体育館。

シアタールームはまだ未完成。

最後まで丁寧にアテンドしてくれました。

途中ですれ違った先生も
気さくに挨拶してくれました。

こういうのって、
結構大切なポイントですよね。

校舎はもちろん新品です。

アメリカ式のインター校は
クアラルンプールに少ないので
興味のある人は多いはずです。

ただ、大きなデメリットは場所。
地図にもあるように

日本人が多いモントキアラからは
かなりの距離があります。

もちろん、バスはありますが
バス代もそんなに安くはありません。

オアシスの近くは今まさに開発途中の
地域です。

学校の隣にはショップロットが
作られていますし、まわりにも
新しいVILLAがいっぱいです。

家賃は、そんなに高くはなさそうです。
新しく、コンドミニアムも建設中です。

この付近に住んで仕事が見つかれば
ベストですが、日本人相手に塾を
やりたい私にとってはちょっときついです。

塾は別の場所に作って毎日通うか、
塾の付近に住んで、バス通学させるかです。

娘と奥さんは今回、訪問した
インター校の中では一番良かったそうです。

  
【料金】(※2018円8月現在)

申込金:RM1,500
入学金:RM10,000
授業料:RM38,000 一括で支払えば5%オフ(日本の小学4年生)
Tech Fee:RM3,500(翌年からは半額程度)
ELL:RM6,000(必要なら)
デポジット無し

・Elementary School(Kindergarten - 5th Grade)
授業料:RM38,000
Tech Fee:RM3,500

・Middle School(6th - 8th Grade)
授業料:RM38,000
Tech Fee:RM3,500

・High School(9th - 12th Grade)
授業料:RM58,000
Tech Fee:RM7,000

・85%がアメリカの大学へ進学する
・入学にあたって、テストの合否は無い
・入学テストは算数とリーディング(ipad利用・時間制限無し)
・ランチは1食RM12程度でキャッシュレス
・日本人の登録は3名程度(検討中の人たちはいる)
・1クラス最大24人
・現在は100名程度で、400名以上になったらプールや別棟を建設予定
・ECAなどで水泳をする子は、近くの施設を利用する(オリンピックサイズ)
・先生はみんなネイティブ
・アメリカ人の先生で日本の学校に8年勤めていた先生もいる
・TechFeeの中から生徒にipadが買い与えられ、自宅に持ち帰ることができる
・3年後にはまた新しいipadをもらえる
・早期申し込み特典としては、3年間授業料が据え置き
・体育館とは別にパフォーマンスをするような部屋があり照明なども完備
・今後施設を拡張してもそのグラウンドを潰したりはしない
・8月末に新学年スタートで2学期制

我が家は、入学金の割引と
デポジットがないことに惹かれて
来年度からの入学の予約をしました。

次回は、娘の冬休みに
もう一度、学校見学に行きます。

  
日本の長期休みを使って
学校見学に行きたい方は
ご案内も可能できます。

お問い合わせは、
kawashima@kawashin.info(川島宛)
までご一報ください。

Sponsored Links

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事