スポンサーリンク
Sponsored Links

サンドウィッチマンの2人は震災当日、
宮城県気仙沼市でロケ中に被災しました。

その後、山に避難して
津波から逃れた経験をしました。

震災直後から「東北魂義援金」として
募った寄付金を被災自治体に贈っています。

合計額は4億2千万円、
岩手分では1億円を超えたそうです。

そんなサンドウィッチマンの2人が
あるテレビ番組で話した

震災をきっかけにやめたこと

がとっても心に残ったので紹介します。

”サンドウィッチマン”が震災をきっかけにやめたこと

サンド伊達:僕なんかは友達とかとじゃあ今度メシ行こうねなんていう、いつ行くかわからないような約束するじゃないですか?今度会おうね、みたいな。そういうときは必ず会うようにするようになりました。なんかそういうのないですか?

サンド富澤:また今度いつかじゃなく

サンド伊達:会えなくなるような気がして。何があるかわからないじゃないですか。だから東北は同窓会が異常に増えたみたいです。

震災を経験した二人の言葉だからこそ
とても重みがありますね。

このことは、
ずっと心にとどめたいと思います。
当たり前の日々に改めて感謝ですね。

Sponsored Links

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事