6年間意識不明だった花嫁と待ち続けた新郎の『8年越しの結婚式』に超感動!!
スポンサーリンク
Sponsored Links

結婚式の3ヶ月前に病に倒れ、
6年間意識不明になってしまった花嫁と、

それを待ち続けた新郎のエピソードが
ネットで話題になっていたので紹介します。

8年越しの結婚式

8年前の2007年3月、
二人は結婚するはずでした。

しかし、その3ヶ月前、新婦の麻衣さんが
突然の病に倒れてしまいました。

そして、麻衣さんはそのまま意識不明
の状態になりました。

心臓が停止し命さえも危うい時期も
ありました。

いつ目が覚めるかわからない麻衣さん。

その現実に、麻衣さんの両親は、
新郎の尚志さんだけではなく、

尚志さんの両親にも、
『別の人を探して下さい。』と
お願いをしたそうです。

それでも、尚志さんは、
『ぼくは待ちます。』
と言って回復を待ちました。

そして、麻衣さんは回復し、
麻衣さんが倒れてからおよそ8年後、

二人はついに結ばれることが
できました。

その様子がこちらの動画です。

Sponsored Links

大きな困難を乗り越えた先の
二人の結婚式。

ずっと待ち続けた新郎、
病気を克服した新婦。

そして、二人を支え続けた
ご両親や周りの方々。

いろんな想いの詰まった
素晴らしい結婚式だったことでしょう。

とても感動して、
涙が止まりませんでした。

Sponsored Links

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事