スポンサーリンク

米フロリダ州で愛犬パコを連れ散歩中だった
ケリー・ブラックさんがトラックに轢かれて
亡くなりました。

トラックはケリーさんと
パコを引きずりながら進み、

しばらくすると二人を置いて
走り去っていったそうです。

ぴくりとも動かないケリーさん。

その後、パコがその場から離れることは
ありませんでした。

ケリーさんを置いて家に戻ることが
どうしてもできなかったのでしょう。

救助隊が到着しても、絶望した表情のまま、
ずっと同じ場所に横たわって断固として
離れようとしなかったそうです。

その場所にケリーさんがいて、
それを守るように・・・

5時間後、ケリーさんの家族が
パコを迎えに来ました。

パコはまだケリーさんを探している
様子だったそうです。

家に帰っても悲しみで2日間なにも
口にしなかったそうです。

実はパコはアメリカをハリケーンが
襲ったときに保護されていたときに
ケリーさんに引き取られました。

自分が本当に寂しかったときに
手を差し伸べてくれたケリーさんへの
恩を忘れられないのでしょう。

出典元:iinee-news.com

ネットを調べてもその後、
犯人がつかまった報告はありません。

防犯カメラを調べても
決定的な証拠はないようです。

なぜか目撃情報もないようです。

事故のことを詳しく知っているのは
パコだけ・・・。

パコが人間の言葉が話せたら・・・。

一番悔しいのはパコ自身でしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事