スポンサーリンク
Sponsored Links

工場的畜産と言う言葉をご存知ですか?

その名の通り、
畜産がまるで生産工場のようになっている
状態のことを言います。

現在、日本でも、
食肉にされる家畜の畜産現場では、
大量の動物が身動きが取れないほどの
過密な空間で飼育されています。

そのような状況のため、
1匹が病気をすると他の家畜にも、
うつってしまうと餌に抗生物質を混ぜ、

十分な運動ができないため、
成長促進のために大量のホルモン剤が
与えられているのです。

まさに薬漬け状態で飼育される家畜たち…

そんな中、ある動物保護団体が公開した動画に
感動したので紹介します。

この動画に登場する仔牛のバンディットは、
産まれてからずっと狭くて暗い牛舎の中で、
鎖に繋がれほとんど身動きがとれないまま
飼育されていました。

このような劣悪な環境下で
飼われている牛がいることを知った
あるオーストリアの動物保護団体が、
牛たちを解放しようと立ち上がります。

同団体はドイツ、オーストリアで
劣悪な環境から家畜を救い、

飼育するための施設を所有し、
およそ500頭を超える家畜を
これまで保護してきたそうです。

そして、この度、バンディットが
管理の行き届いた大きな牛舎への移送が
実現し、鎖が外されることになりました。

鎖が外され、自由に動き回れる喜びが
動画から伝わってくきます。

まるでダンスを踊るかのように
飛び跳ね、駆け回るバンディットの姿に
涙が溢れました。

そして、保護団体の男性の元へ駆け寄り
“ありがとう”と言っているかのように
何度も顔を擦り付ける姿に胸が締め付けられました。

それでは、その様子をご覧ください。

ずっと鎖で繋がれていた仔牛が解き放たれたとき

EU諸国では、2013年から、
ニワトリのバタリーケージ飼育と
母豚のストール飼育について、
段階的に禁止・廃止になっています。

しかし日本では、現在も身動きの取れない
苦痛だらけの飼育法が主流になっているのです。

食肉だからといって適当に
ただ生かせて育てていいものだとは思いません。

むしろ、命を人間に捧げてくれることに
感謝し、大切に育ててあげるべきだと思います…

もちろん、そうでない環境で育てられている
動物もします。

当たり前のように口にしている食肉の背景には、
動物達のこのような家畜環境の問題があることを
消費者として知っておくべきかもしれません。

Sponsored Links

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事