スポンサーリンク
Sponsored Links

あなたは、
メキシコの漁師とMBAコンサルタントの話
をご存知ですか?

時間の使い方、仕事の仕方、幸福感など
いろいろなことを考えさせてくれるお話です。

もともともは欧米で使われる
ビジネスジョークから広まったそうです。

それではご覧ください。

メキシコの漁師とMBAコンサルタント

漁を終えた一艘のボートが
小さなメキシコの村の港に帰ってきた。

それを見ていたアメリカ人の旅行者は、
ボートに乗っていたメキシコ人の漁師に、

彼が獲ってきた魚はとても活きがいいと
絶賛し、魚を捕まえるのに
どれくらいかかったのかを尋ねた。

「そんなに長くはかかってないよ。」

メキシコ人は答えた。

「だったら、なぜもっと長い時間漁をしてもっと魚を獲らないんだ?」

アメリカ人は尋ねた。

メキシコ人の漁師は、
彼と彼の家族が生きて行くには
その量で十分だからだ、と説明した。

アメリカ人は、

「でも残りの時間は何をして過ごすんだ?」

と質問した。

「遅くまで寝て、ちょっと魚を獲って、子どもたちと遊んで、それから妻と昼寝をして、夜には村で友人と会ってちょっと一杯飲んだり、ギターを弾いて何曲か歌ったり、…申し分ない人生だよ。」

アメリカ人はメキシコ人漁師が話すのを
遮って言った。

「ハーバードでMBAを取った私が君にアドバイスしてあげよう。君は毎日もっと漁の時間を長くすべきだ。そうしたら余った魚を売ることができるだろう。そして手にしたカネでより大きなボートを買うんだ。大きいボートが更なるカネをもたらせば、2艘目、3艘目、さらには船団ができるくらいの船を手に入れることができるだろう。そうしたら、仲買人に魚を卸すのはやめだ。代わりに直接加工工場に売り込むか、あるいは自分で加工工場を開いてもいい。そうしたらこの小さな村を離れてメキシコシティに出ることができるだろう。ロサンゼルス、いや、ニューヨークにだって住めるかもしれないぞ。そして君はそこから君の会社を動かすんだ。」

「そこまで行くのにどれくらいの時間がかかるんだい?」

メキシコ人の漁師は聞いた。

「20年。もしかすると25年くらいかかるかな。」

アメリカ人は答えた。

「で、その後はどうするんだい?」

とメキシコ人の漁師は聞いた。

「その後?ここからが面白いところだぞ。」

アメリカ人は満面の笑みで答えた。

「君のビジネスが十分大きくなったら、株を売るんだ。これで億万長者だぜ。」

「億万長者?本当かい?で、その後は?」

とメキシコ人の漁師は聞いた。

「その後は、君はもう引退できるよ。海岸沿いの小さな村に住んで、遅くまで寝て、ちょっと魚を獲って、子どもたちと遊んで、それから妻と昼寝をして、夜には村で友人と会ってちょっと一杯飲んだり、ギターを弾いて何曲か歌ったり、…申し分ない人生だろ?」

あなたは何のために生きているのか?

わたしはこの話を聞いてハッとしました。

わたしは何のために生きているのだろう?

自分に与えられた限られた時間を使って
仕事をしてお金を得て何がしたいのだろう?

自分のため、家族のため、周りの人のため、
地域のため・・・

自分に与えられた限られた時間を
何のために使うのか、
深く考えさせられるお話でした。

あなたは、どう感じましたか?

Sponsored Links

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事