スポンサーリンク

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ
発生した日のある物語を知り、
とても感動したので紹介します。

この話はエアカナダに勤めている母が
同僚から友人から聞いた話です。

もとのストーリーはデルタ航空の搭乗員、
ナジムという人が書いたものです。

9.11アメリカ同時多発テロのときのガンダーでの物語

私たちはフランクフルトを出発し5時間後、
北大西洋上空を飛行していました。

私は搭乗員用の休憩スペースで
予定通りの時間に休息を取っていました。

すると突然カーテンが勢いよく開けられ、
今すぐにコックピットの機長の元に
来るように言われました。

行ってみるとすぐにそこにいる搭乗員全員が
緊張した表情をしているのがわかりました。

機長が私に印刷されたメッセージを手渡します。

素早く読み終えると、
ことの重大さに気がつきました。

メッセージはアトランタから
私たちの航空機に宛てられたもので、

『アメリカ本土すべての航空路は閉鎖。最寄りの空港にできるだけ早く着陸するよう勧告する』
と書かれていました。

運行管理者がどの空港にと告げず
すぐさま着陸せよと指示するというのは、

つまり運行管理者が航路の管理を諦め、
機長に一任するということです。

これはかなり深刻な事態だということで、
とにかくすぐに着陸できる場所を
探さねばなりませんでした。

それで、約640キロ右後方にある
カナダのニューファンドランド島
ガンダー国際空港への着陸が決まりました。

カナダの管制塔にリクエストを送ると
すぐに承認され、ガンダーに向かって
右旋回しました。

カナダの管制塔がなぜ何の質問もなしに
リクエストを承認したのかということは
後で知ることになります。

私たち搭乗員は緊急着陸の用意をするように
指示されました。

その間、アトランタから届いた
新たなメッセージで、ニューヨーク付近で
テロ事件が起こったことを知りました。

私たちは機内アテンダントに、
ガンダーに向かうこと、

着陸のためにすべてのサービスは
一旦停止することを告げました。

数分後コックピットに戻ると、
数機の航空機がハイジャックされ、
アメリカ全土の建物に突っ込む可能性がある
という情報を得ました。

そのとき、乗客には現在の状態について
嘘のアナウンスをすることが決まりました。

機材の不具合が生じたためガンダーに着陸し
調査するためだということが告げられ、

ガンダーに着陸次第、
最新の情報を伝えると約束しました。

怒り出す乗客もいましたが、
それは避けられない状況でした。

このうそのアナウンスから約40分後、
私たちはガンダーに着陸しました。

そこにはすでに世界各地から
20機以上の航空機が着陸していました。

スピード防止帯に機体を止めると、
機長は以下のアナウンスメントをしました。

『ご登場のみなさま、周囲の航空機はみな当機と同じ機材不具合でここにいるのかと不思議にお思いでしょう。しかし実際私たちはここにある別の理由で着陸しました』

それから、
機長はアメリカで起こっていることについて
少し説明をしました。

乗客は息を呑み、何が起こったのか
信じられないという表情をしている人が
殆どでした。

このとき、ガンダーの現地時間は
午後12時半でした(アメリカ東部の時刻は午前11時)。

ガンダーの管制塔からは
機内に留まるよう指示が出ました。

誰も機体の外に出ることはできず、
地上にいる人は誰も機体に近づくことが
許されませんでした。

時々、
空港の警察が車で機体のそばにやって来て
私たちを確認し、次の飛行機のところへ行きます。

それから1時間ほどの間に、北大西洋上空から
すべての飛行機がいなくなり、

ガンダーだけでも世界各地から53機もの飛行機が
緊急着陸していました。

そのうち27機はアメリカ国旗を付けていました。

その後、外国機を優先に1機ずつ
すべての航空機から乗客を降ろしていくと
告げられました。

私たちの機体はアメリカの航空機の中では
14番目で、午後6時ころの降機になる見込み
だと告げられました。

そうしている間に、航空機ラジオを通じて
少しずつ情報が入ってきました。

そのとき初めて、複数の航空機が
ニューヨークの世界貿易センタービルと、
ワシントンDCの国防総省本庁舎(ペンタゴン)
に激突したということを知りました。

携帯電話を使おうとしてもカナダとは
接続システムが異なるためつながりません。

どうにかつながっても、アメリカへの通話は
防止されているか混み合っていると言う
カナダ人オペレーターにつながるのみでした。

夕方遅く、世界貿易センタービルが
ハイジャック機によって崩壊したという
情報が漏れ伝わって来ました。

乗客は完全にうろたえ、
精神的にも疲れきっていましたが、

このような困難な状況にあるのは
私たちだけではありません。

周囲を見渡してくださいという
私たちの繰り返しのアナウンスで
どうにか平静を保っているようでした。

私たちの航空機のほか52機に
まったく同じ状況に置かれた人々が乗っていて、

またここはカナダであり、
私たちはカナダ政府の好意で
ここにいられるのだということも伝えました。

そして約束の午後6時、ガンダー空港から、
私たちの降機時刻は翌日午前11時になるとの
連絡が入りました。

これで乗客全員はすっかり元気を失くし、
この知らせを受け入れ、おとなしく諦め、
機内で夜を明かす準備を始めました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事