スポンサーリンク

2018年の女の子の名前ランキングは、

1位:結菜(ユナ)、咲良(サクラ)
3位:陽葵(ヒマリ)
4位:莉子(リコ)
5位:芽依(メイ)

だったそうです。

うん。読めない漢字ばかり・・・。

日本で塾講師20年以上もしていると
生徒の名前の変化をまじまじと感じます。

ちなみに、私が生まれた
1975年の女の子の名前ランキングは、

1位:久美子
2位:裕子
3位:真由美
4位:智子
5位:陽子

でした。

うん。読みやすい。

時代によって名前って変わるもんですね。

ところで、女の子の名前でよく見る
「子」っていう字の意味って知ってますか?

ある投稿者のツイートが、
ネットで話題になっていたので紹介します。

その投稿がこちら。

「子」の本当の意味とは

ただ単に子供の「子」じゃなくて、

「一」から「了」まで、
自分の人生を全う出来るように。

昔の親たちは、ちゃんとそれを意識して
「子」の文字を付けてたんですね。

今ではあまり見かけなくなりましたが、
女の子によくつけられた「子」の文字には、
このような意味があったのですね。

親が与えてくれた、生命。
しっかり生きて行きたいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事