スポンサーリンク

最近の災害で自衛隊の活躍を
よく目にします。

今もなお、たくさんの自衛隊の方々が
救助活動を行っています。

そんな中、吉田茂元首相が
防衛大学の一期生に贈った言葉が
ネットで話題になっているので紹介します。

吉田茂が防衛大学の一期生に贈った言葉

【昭和32年2月 防衛大学第1回卒業式 吉田茂総理大臣訓辞】

君達は自衛隊在職中、
決して国民から感謝されたり、
歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。

きっと非難とか叱咤ばかりの
一生かもしれない。

御苦労だと思う。
 
 
しかし、

自衛隊が国民から歓迎され
ちやほやされる事態とは、

外国から攻撃されて国家存亡の時とか、
災害派遣の時とか、国民が困窮し
国家が混乱に直面している時だけなのだ。
 
 
言葉を換えれば、

君達が日陰者である時のほうが、
国民や日本は幸せなのだ。
どうか、耐えてもらいたい。

 

出典元:trend-izumi.com

 
以前、自衛隊に対して
税金泥棒という声が多くあがった
時代があります。

吉田元首相はこの内容を踏まえた
話をしたのでしょうが、

確かに自衛隊が活躍する場のないことが
幸せなのかもしれません。

自衛隊の方々の活躍に
感謝の気持ちを持ちつつ、

自衛隊の方々の活躍の場所がない
平和な世の中を願いたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事