スポンサーリンク

ベトナム留学生から見た日本人。

偉大な国だと思っていた日本に住む
日本人たちの疲れ切った姿。

わたしたちがハッとさせられる記事です。

それでは、ご覧ください。

留学生グエン・テイ・トゥイ(千葉県21歳)

私は日本に来るまで、日本は立派で偉大な国だと思っていた。
来日当初も、街の発展ぶりや人々の生活の霊かさを晃て、私の国のベトナムとの差は大きいと感じた。
きっと日本人は自分の国に誇りを持ち、幸ぜだと感じているのだろうと思っていた。

しかし、来日から10ヵ月が過ぎた今、実はそうではないように感じる。
日本は、世界でも自殺率が高い国のlつだという。
電車の中では、睡眠不足で疲れた顔をよく見る。
日本人はあまり笑っていないし、いつも何か心配事があるような顔をしている。

日本人は勤勉で、一生懸命働いて今の日本を建設した。
でも、会社や組織への貢献ばかり考え、自分の成果を自分が享受することを忘れていると思う。
ベトナムはまだ貧乏な国だが、困難でも楽観的に暮らし、めったに自殺を考えない。

経済的豊かさは幸福につながるとは限らない。

日本人は何のために頑張っているのか。

幸福とは何なのか。

日本人自身で答えを探した方がいいと思う。

マレーシアに住んでいて、
マレーシアには貧困な人も多いし、
トイレが汚かったり、時間を守れなかったり

日本と比較すると、日本のすばらしさを感じる。

でも、マレーシアの人たちの方が
楽しそうに生活しているように感じる。

『幸福とは何なのか。
 日本人自身で答えを探した方がいいと思う。』

この最後の文に、とても共感した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事