スポンサーリンク

これは、南ヨーロッパにあるマルタ共和国で
撮影された映像です。

海岸にいた一匹のウミガメ。

動画の投稿者さんは、
初めはただくつろいでいるだけだと
思いました。

しかし、よく見ると、
ロープとペットボトルが手足に絡みつき、
瀕死の状態でした。

動画の投稿者さんは時間をかけて
ゴミを取ってあげました。

すると、解放されたウミガメは、
嬉しそうに海へと帰って行きました。

その様子がこちらの動画です。

 


 

このウミガメは優しい人に発見されて
幸運でしたが、こうやって死んでいく生物は
数多くいるそうです。

小さなゴミでも野生生物にとっては
脅威になり得ます。

ゴミを海に投げ捨ててはならないことを
痛感する動画でした。

この動画が拡散されることで
少しでもこのウミガメのような
辛い思いをする生物が減ることを願います。

関連記事:

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事