おばあちゃんが受け取った70年以上前の手紙に隠された「粋なメッセージ」とは...
スポンサーリンク
Sponsored Links

ある投稿者さんが、おばあちゃんが
70年前に友人からもらった手紙を公開して、
ネットで話題になっているので紹介します。

日付は1945年。
達筆の文字で書かれた、
詩のような美しい別れの手紙。

投稿者さんは、そこに書かれた、
おばあちゃんへの「粋なメッセージ」
に気付きました。

その手紙がこちらです。

おばあちゃんが受け取った手紙に隠されたメッセージ

春だ春…
草木も なびく常夏の蓬莱へ
御旗は はためく 青天の
元気を 失はず 新しき出発よ
気と心で結ぶ 新台湾
では さやうなら

投稿者さんのおばあちゃん名前は、
「春草」さん。

この手紙の1文字目を横に読むと、

「春草御元気で」

なんとも、粋なメッセージ。

71年の時を超えて、春草さんに
野口さんからの隠しメッセージが
届きました。

投稿者さんのおばあちゃんの
「春草」さんは、戦時中台湾の
高雄海軍工作部で働いていたそうです。

工作部は第2次世界大戦終結までに
存在していた船の保守点検・修理を
行なう施設で、

そこの病舎で春草さんは最年少で唯一の
台湾人でした。

終戦後、日本人の仲間たちは台湾から
引き揚げることになりました。

その際に受け取った記念の手紙や
写真の数々を、春草さんは命の次に
大切なものとして保管していました。

その中でも投稿者さん心を掴んだのは、
道源軍医長からの手紙でした。

新しい東亜、
それは中国と日本とが本当に
握手する事です。
貴女も大いに努力して下さい。
そして、立派な良い結婚を
する事。女の子の道を正しく
行く事。
元気で、朗らかに、明るく、
苦しみに決して負けぬ様に。
何時も、健康体である事を
祈ります。
又 會ふ日迄。サヨナラ。

道源軍医長
春草さんへ

Sponsored Links

時を経て、中国と日本は本当の意味で、
握手はできているのでしょうか。

隣り合う国々でもっと、
協力できることはたくさんあると思います。

昔の方々の想いを、
いつの日か、叶えることができることを
願います。

それにしても、粋なメッセージですね。

Sponsored Links

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事