スポンサーリンク

あるワンちゃんと家族のお話が、
ネットで話題になっていたので紹介します。

愛犬が大好きだった家族に残したメッセージ

バンディットは、とてもいい子で、
家族みんなから愛されていました。

家族の中でも、飼い主さんである
ケイティー・キャラハンさんのお父さんとは、
特に仲が良かったそうです。

しかし、幸せな日々にも、
やがて終わりを迎えます。

彼は、15歳でこの世を
去ってしまいました。

キャラハンさん一家は、大きな悲しみの中、
長年をともに過ごした愛犬のバンディットが
安らかに眠ってくれることを祈りました。

そして、バンディットもまた、
家族の幸せを願っていたようです。

バンディットは愛する家族に向けて、
”あるメッセージ”を残してくれていたのです。

 2日前に愛犬が15歳で亡くなった。
そして今夜、ママが彼のお皿にこんなものを見つけたの。
犬たちの天国は絶対に存在する。
愛してるわ、バンディット!

バンディットのフードボウルに残った水滴は、
幸せそうな「スマイル」を浮かべていました。

キャラハンさん一家は感謝祭で、
バンディットに乾杯をささげたそうです。

姿は見えなくとも、
その日のテーブルの傍らには、
きっと、彼も座っていたことでしょう。

とっても素敵な天国からのメッセージに
感動しました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事