今の時代だから響く”金八先生”の名言10選!!
スポンサーリンク
Sponsored Links

3年B組金八先生』は、
1979年から2011年までの32年間、断続的に
制作・放送されたテレビドラマシリーズです。

その中で、武田鉄矢さん変じる
坂本金八先生(金八先生)は、
数々の名言を残しているので紹介します。

”金八先生”の名言10選

(1)
 
生きるというのは
人に何かをもらうこと。
 
生きていくというのは
それをかえしていくこと

 
 

(2)
 
立派な人にならなくてもいいの。
どうか、感じの良い人になって下さい

  
 

(3)
 
正しいという字は
「一つ」「止まる」
 
と書きます。
 
どうか一つ止まって
判断できる人になって下さい

  
 

 
(4)
 
何でも謝って
すむことではないけれど、
謝れない人間は最低だ

 
 

 
(5)
 
他人を責める前に
自分を大きくしなさい!
 
他人をうらやましいと思う前に、
自分を育てなさい

 
 

(6)
 
貴方が言葉を覚えたのは、
悲しみ語るためですか。
 
 
どうか何度も泣いてください、
うれし涙に出会うまでは

  
 

(7)
 
相手の身になって考えられる
人間になってください。
 
決して損得だけで
物事を考える人間になるな!
 
それらのことが
君たちの人生を築いていく
ひとつひとつの
礎になっていくんです

  
 

 
(8)
 
努力をせずに
欲望を満たそうとする。
 
そんな人間にはどうか
ならないでください。
 
いや、そういう人間を
どうか憎んでください。
 
努力する人間を心からどうか、
愛しいと思ってください。
 
そして不正を許すな。
 
苦しむことを
どうか愛してください

 
 

 
(9)
 
棚からぼたもち、
楽して生きる。
 
そんな人生は、
世の中に転がっていません。
 
頭も使って耳も使って、
目も使って、口も使って、
手も足も全部使って
 
人間は毎日毎日
生きていくんです

 
 

(10)
 
幸せになろうと
思わないで下さい。
 
幸せをつかみに行って
幸せをつかんだ人は
1人もいません。
 
幸せは感じるものです

  

【参照】「3年B組金八先生」25周年記念メモリアル―すべての人に捧げる“贈る言葉”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
子どもの頃に金八先生のような
教師に出会えたら、人生変わるだろうなー。

人は考え方で行動が変わり
人生が変わります。

金八先生の言葉は、
わたしの心にザクザク刺さりました。

あなたはいかがでしたか?
ぜひ、シェアしてお友達に伝えてください。

Sponsored Links

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事