”ダライ・ラマ14世”の語ったちょっと意外な”幸福論”に驚く声が続出!!
スポンサーリンク
Sponsored Links

チベット仏教の最高指導者の
ダライ・ラマ14世が『幸福論』を語り、
ネットで話題になっているので紹介します。

”ダライ・ラマ14世”の語ったちょっと意外な”幸福論”

2019年6月9日、ダライ・ラマ法王
日本代表部事務所のTwitterアカウントが
1本の動画を公開しました。

動画に日本語のテロップを付け、
ダライ・ラマ14世が講演で説いた
『幸せについて』の言葉を投稿しました。

ドラッグやアルコールやお金から幸せは得られません。究極の幸せや喜びは、思考によってのみ得られるのです。そして、宗教への信仰心から得られるものでもないのです。

信仰するのではなく、考えなければなりません。我々人間の頭脳を使い、科学的に考えなければなりません。神様や仏様に祈る必要はないのです。

その点において、釈尊は非常に賢明でした。「私は人々の苦しみを取り除くことはできません。私は人々の否定的な感情を洗い流すこともできません。私は私自身の心の平穏を人々に与えることもできません」。

釈尊は、ご自身の経験を元にした心の平穏を得る方法を、ただお示しになったのです。素晴らしいですね。

1人の人間としての釈尊であり、神様ではありません。

この投稿に関するコメント

Sponsored Links

本当の幸せをつかむには、
誰かをあてにするのではなく、
自らが行動しなければならない。

とても考えさせられますね。

Sponsored Links

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事