【2%のキセキ】父親からの最後のプレゼントは”臓器移植”
スポンサーリンク
Sponsored Links
移植医療の啓発を行う
グリーンリボンキャンペーン事務局が
2015年に公開した動画「2%のキセキ」を紹介します。

お父様の命が残り僅かであることを
宣告された悲しみのなかで、
いのちを「つなぐ」ことを決断した家族の物語です。

決断する勇気をあたえてくれたのは、
お父様が亡くなる前に用意していた
「最後のプレゼント」でした。

それではご覧ください。

2%のキセキ

お父様が亡くなった後、
腎臓と角膜が4人の方に移植されました。

突然の死に家族は悲しみましたが、
移植コーディネーターから
レシピエントの方の状況を聞くことで、

どこかでお父様が生きているような
気持ちになれたそうです。

私は、父が臓器提供できて
良かったと思っています。

家族としては、ただ悲しいだけではなく、
何か違う道が開けたような感覚でした。

そこで、
私は自分の経験から臓器移植について
みんなに知ってもらいたい、

家族に寄り添えるような
仕事がしたいと思うようになりました。

今の自分があるのは、
父の臓器提供があったからだと語る娘さんは、

現在は看護師として働きながら、
移植コーディネーター、終末期の家族看護
について勉強をしているそうです。

日本では、およそ14,000人が
臓器移植を待ち続けています。

しかし臓器提供によって救われる命は
年間わずか300人ほどで、
移植を受けられる人は2%しかいません。

脳死になるのは全死亡者の
1%しかいないこと、意思表示カードを
持っていない人が多いことなど、

さまざまな理由がありますが、
日本では、他の国に比べても実際に

ドナー登録や移植への意思表示を
している人は非常に少ないのが現状です。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事が、臓器移植について考える
きっかけになってくれることを願います。
多くの人に知ってほしいので、
シェアして拡散してください。

Sponsored Links

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事