スポンサーリンク
Sponsored Links

10歳の少年が算数の宿題がわからずに
110番通報。

そのときに警察官の粋は計らいが
ネットで話題になっているので紹介します。

算数の宿題がわからずに110番通報

9月25日、米コロラド州の
フォート・コリンズ警察署に電話がありました。

そのときの内容を公開した投稿を
ご覧ください。

その時の会話を翻訳するとこんな感じです。

少年:あの、緊急じゃないんだけど、僕10歳で今算数の宿題やってるんです。

少年:71÷3052がどうしてもわからなくて…

警察官:待ってね、すぐ頭で計算できないから。少数を習ってるの?

少年:ううん、わり算を習ってるよ。

警察官:71÷3052であってる?3052÷71じゃなくて?

少年:あ、3052÷71だ!

警察官:電卓でやったら42.98になったから、繰り上げると43かな。

少年:ありがとう!

10歳の少年からの質問に
見事に回答しています。

この行為は、とても心温まるものです。

しかし、フォート・コリンズ警察署は
動画を公開すると同時に、
注意喚起も促しています。

子どもは幼い頃から緊急事態には
110番通報をするように言い聞かされています。

警官の対応は素晴らしいものでしたが、
本来ならば宿題の手伝いは
我々の仕事ではありません。

110番通報するのは本当の緊急事態のみです。

出典元:edmm.jp

日ごろから警察では非緊急事態の通報を
受けています。

本当の緊急事態に備えるためにも、
緊急性を考えて通報してほしいというのは
当然のことでしょう。

でも、宿題を教えてもらった少年が
警官の優しさに触れたことは間違いないですね。

いけないこととは言え、心が和みました。

Sponsored Links

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事