スポンサーリンク
Sponsored Links

式が終わるまでずっと、
頭の中から白い運動靴が消えませんでした。

それから数年がたちました。

父が危篤との連絡を受け、
急いで病院に駆けつけました。

家族が見守るなかで、
父がわたしの手をにぎりながら言いました。


「お前は自分の夫を大切にしなさい。
 お父さんはね、お前の結婚式で
 お前の手を取って式場に入る自信は無かった。

 でも、お前の夫が毎日訪ねてきてくれては
 励ましてくれて・・・

 ころぶと危ないからって、
 運動靴まで買ってくれたんだ」

わたしは胸がいっぱいになって、
何もいえませんでした。

すっかりすりきれた白い運動靴。

父は、その靴をもう一度履くことも無く、
静かに息を引き取りました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「世界でいちばん大切な思い 」

イ・ミエ (著), パク・インシク (著),
笛木 優子 (翻訳)

東洋経済新報社より

Sponsored Links

家族の愛情に深く感動しました。

お父さんに履かせた人。

とっても素敵な人ですね。

Sponsored Links

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事