ある日、記憶喪失になってしまった妻を愛し続けた夫の物語に超感動!!
スポンサーリンク
Sponsored Links

カナダに暮らすローラとブレイデンに
起こった感動的な実話を紹介します。

記憶喪失の妻を愛し続けた夫の感動物語


 
二人の結婚式の写真を見ると、
そこには幸せそうに笑う姿が写っています。

でも、妻のローラにとって、
当時の写真を見ることは苦痛なのだそうです。

結婚式から9ヶ月経った、2017年4月に、
2人の人生を変える事故が発生します。

その日、ローラはイベントの手伝いを
していました。

イベントでの作業中、
なんとローラの頭にポールが直撃し、

それが原因で、彼女は脳に損傷をうけ、
記憶の一部を失ってしまったのです。

彼女は、結婚式の記憶も、
夫のブレイデンの記憶も
すべてを失ってしまいました。

それ以来、見ず知らずの男性と
結婚しているという事実と
葛藤する毎日が続きます。

朝、目が覚めて隣に寝ている男性が
ブレイデンだということが分からず、
悲鳴をあげたこともありました。

結婚式のビデオを観ても、
記憶が戻らないことに
涙したこともありました。

それでも夫のブレイデンは
妻のローラを諦めませんでした。

妻にもう一度、自分を愛してもらえるよう、
ローラと再度「交際」することにしたのです。

一緒にリハビリに行くのはもちろん、
付き合いはじめの頃の様に映画を観に行ったり、

食事に出かけたりと、
二人はそれから何度もデートを重ねました。

そして、いつしかローラの中で
ブレイデンは友達以上の存在となりつつありました。

そして2019年8月20日、
ブレイデンは大きな賭けにでます。

ローラに再度、プロポーズしたのです。
気になるローラの答えは…「イエス」。

それはブレイデンが記憶を失ってしまった
ローラの愛をもう一度勝ち取った瞬間でした。


スポンサーリンク

いかがでしたか?

実話なのに、まるで恋愛小説ような
ドラマティックな展開にビックリです。

事故に遭ったことは不幸でしたが、
それを乗り越えた二人の愛は、
永遠に続くことでしょう。

とても心温まるストーリーに、
感動しました。

Sponsored Links

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事