指を負傷したピアニストが生体グローブで20年以上ぶりにピアノを演奏した動画に涙があふれる...
スポンサーリンク
Sponsored Links

ブラジルのピアニストの
ジョアン・カルロス・マーティンさんは、

負傷により指が動かせなくなり、
20年間ピアノを弾くことができませんでした。

20年の時が経ち、

最近開発された生体グローブを使って、
ピアノの再演奏できたときの映像が、
ネットで話題になっているので紹介します。

それでは、ご覧ください。

20年ぶりのピアノの演奏

この投稿に関するコメント

ジョアン・カルロス・マルティンスの不屈の生き様

彼の生き様を描いた実話ベースのドラマがこちら
→ マイ・バッハ 不屈のピアニスト

スポンサーリンク

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

演奏中の彼の涙には、
20年以上ピアノと向き合った時間が
凝縮されているように感じました。

多くの人に見てほしいので、
シェアして拡散してください。

Sponsored Links

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事