スポンサーリンク

アメリカの学生のカイル君は、
町から遠く離れた湖に行く代わりに、
家のすぐ脇の下水でフィッシングを
楽しんでいるようです。

カイル君が釣りをする雨水の排水溝は、
彼の自宅から12メートルしか離れていません。

彼はここを「秘密のパラダイス釣りスポット」
と呼んでいます。

これまでナマズやブルーギル、
その他排水溝で見つかるとはとても思えない
魚を釣り、それを撮影した動画を投稿しています。

映像には、彼が3メートルの釣糸に
餌の虫やホットドッグのかけらを
くっつけて排水溝に落とし、
大きな魚を釣り上げる様子が写っています。

いつも餌を仕掛けておいて毎晩チェックする
そうです。

カイル君に言わせると、排水溝で
こんなにたくさんの魚が釣れるのは
それほど驚くことではないそうです。

ここから90~140メートル離れたところに
池があるため、どこかで排水溝に
つながっていて魚が入り込んでくるようです。

それでは、動画をご覧ください。

カイル君は11歳の時に、
このユニークな趣味を始めました。

きっかけは排水溝で魚が釣れるか
父親と5ドル賭けたことだったそうです。

結局、小さなブルーギルを釣って、
賭けに勝ちました。

それ以来、カイル君は下水フィッシングに
はまって、成果を称えてくれる
ファンもできました。

でも、まさか下水から
こんなものが釣れるとは
超驚きですね!!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク
おすすめの記事